• このエントリーをはてなブックマークに追加

中古パソコンはスペックによって値段が変わる

中古パソコンと一口に言っても、値段はピンからキリまであります。新品と違って中古は安いのが魅力であり、1万円程度で購入できるかなり安い商品も多くありますが、20万円を超えるような高額なものもあります。キズや汚れなどの商品の状態などによっても変わりますが、主にスペックが高いか低いかによって決まってくる部分が多いと言えるでしょう。そこで知っておきたいのはスペックによる選び方です。パソコンは性能が良いに越したことはありませんが、ただネットを閲覧するだけといった目的ならそこそこの性能のものでも十分使えるため、性能が高すぎるものを購入しても宝の持ち腐れになってしまいます。なので購入する前に、osやメモリ、そしてcpuの性能について知っておくとよいでしょう。

OSとメモリはどうやって選んだらいいのか

まず「OS」は、パソコンを動かすための基本ソフトであり、それぞれバージョンがあるため、中古パソコンを購入する際はどのバージョンがよいかを検討する必要があります。OSのバージョンを選ぶ際は、サポート期間がいつまでなのかということが重要であり、古いバージョンのものは、サポート期間があと数年で切れるといった場合もあるため注意が必要です。次に「メモリ」は、一時的なデータを記憶する装置であり、その容量が大きいと作業効率を上げることができます。ですので、ネット閲覧など普通に使う目的で購入する場合でも4GBはあったほうがよいとされています。そしてビジネスや仕事で使う場合は、8GBなど、目的に応じた容量のものを選ぶ必要があると言えるでしょう。ただし容量が大きくなると値段も高くなる傾向にあります。

CPUはどれを選んだらいいのか

さらに「CPU」は、パソコンの頭脳と呼べる部分であり、パソコンの性能を最も大きく左右する部分だと言われています。基本的には、古いものよりも新しいもののほうがスペックが高い傾向があるほか、メーカーやシリーズによっても変わってきます。そしてCPUの性能が高いほうが値段も高くなるため、目的に応じた選び方が重要になってくると言えるでしょう。ネット閲覧やワープロソフトを使うといった程度なら、それほど高性能なものは必要ないと言えますが、3Dゲームや専門的なことに使用する場合はある程度高性能なものを選ぶ必要があります。その他にもハードディスクに関しては、HDDがよく普及していると言えますが、処理速度を高めて快適にパソコンを使いたい場合はSSD(HDDより高額)を選ぶのもよいと言えるでしょう。"

ピックアップ記事

送料無料で即日配送の中古パソコン専門店がベストです

一台のマシンで複数の作業を同時に行うと、結局のところ、効率が悪くなってしまいます。文書作成をしながら、動画を閲覧したり、更にSNSでコミュニケーションを交わしながら、加えてオンラインでショッピングの情...

とっても安い中古パソコン、気になる相場はどの程度?

今、中古市場がホットです。ユーズドのブランド品やデジタル機器、そして書籍や自動車が大きな注目を集めています。ユーズド製品の利点は、なんといっても、相場が安いところです。安価な製品であれば、気軽に購入す...

中古パソコンはスペックによって値段が変わる

中古パソコンと一口に言っても、値段はピンからキリまであります。新品と違って中古は安いのが魅力であり、1万円程度で購入できるかなり安い商品も多くありますが、20万円を超えるような高額なものもあります。キ...

デスクトップやノートの中古パソコンを選ぶポイント

一流メーカーのパソコンは新品で購入した場合10万円台から20万円前後で購入できますが、もっと安い価格で購入したいと考えている方には、中古パソコンショップを利用するのがおすすめです。中古品を扱うショップ...